株式会社 佐々木精機 工作機械 の オーバーホール レトロフィット メンテナンス 出張修理 出張改造
ヘッダー写真

株式会社 佐々木精機
工作機械 の オーバーホール レトロフィット メンテナンス 出張修理 出張改造


2011年8月12日

円筒研削盤の中古機販売及オーバーホール

当社にて円筒研削盤の中古機を購入し、お客様の仕様に合う様

オーバーホール及改造を行い、納入させていただきました。

cimg8000.JPG  cimg8001.JPG

cimg8004.JPG

2011年7月1日

ホブ盤のオーバーホール及改造

お客様の遊休機であるホブ盤ををオーバーホールを行い、精度を復元し、

電装関係を新規に更新し、ワークにあわせて新規治具を製作し、改造いたしました。

img_5709.JPG   img_5710.JPGimg_5711.JPG img_5706.JPG

2011年5月7日

機械据付、レベル出しについて

 東日本大震災にて被災されたみなさまには心よりお見舞い申し上げます。

円筒研削盤の据付レベル出しの仕方について記載します。
      
・水準測定とジャッキの調整      
→ベッド左後部の水準器設置部に水準器を置き、ジャッキボルトを回して
 機械水準を調整します。      
<内容>      
・水準器は1mにつき1目0.02の感度を有するものを使用してください。      
(1) 機械左側面カバーを取外して、水準器設置部を清掃してください。      
(2) 水準器設置部に軽く油といしを掛けて、水準器を置いてください。      
(3) 全てのジャッキボルトの固定ナットをゆるめてください。      
(4) 黒丸印のジャッキボルト3箇所以外のジャッキボルトをゆるめて、      
        3箇所で支持するようにしてください。      
(5) 水準器を見ながらジャッキボルトを調整し、左右方向の水準器の目盛と
    前後方向の目盛が各々1目以内になるように調整してください。      
(6) 他のジャッキボルトを効かせ、全ジャッキボルトで均等に
    支持するようにしてください。      
(7) 他のジャッキを効かせたときに水準が少し変わることがありますが、      
        水準器の読みが2目以内であれば全ジャッキボルトの固定ナットを
    締めて固定してください。      
  <注>ベッドの水準を出すことが目的ではなく、ジャッキを均等に効かせて
    研削びびりを防止することが目的なので水準は目安です。      
    ベッドの底面と床の間は約30mmにしてください。      
(8) 水準器を取外し、カバーを取り付けてください。      
      
被災されたみなさまの一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

suijunnki.bmp

2011年4月10日

横中ぐり盤修理

お客様の大切な大型横中ぐり盤の主軸ヘッドが老朽化の為

機械本体から主軸ヘッドを取り外し、

ギアボックス内のベアリングを交換いたしました。

img_4810.JPG   cimg7061.JPG

オーバーホール — @ 9:27 AM

2011年3月4日

マシニングセンター主軸部修理

お客様の大切なマシニングセンター主軸部のベアリングが

老朽化から精度不良の為、スピンドルベアリングを交換し、

 取付け、試運転を行い、完了いたしました。

img_4860.JPG  img_4859.JPG

 img_4858.JPG  img_4857.JPG

ユニット修理 — @ 9:44 PM

2011年1月1日

謹賀新年

旧年中は格別のお引き立てを賜り

誠にありがとうございます。

本年もご愛顧の程お願い申し上げます。

平成28年 元旦

株式会社佐々木精機

代表取締役佐々木庸次

その他 — @ 6:06 PM

2010年12月13日

パッキンについて

 摺動面とパッキンの表面粗さについて

パッキンは大部分が樹脂製であり、摺動面の表面粗さが粗いと、

パッキンを短期間で磨耗させたり傷つけたりするため、摺動面の

表面粗さは重要です。固定用と運動用では、必要な表面粗さが

多少違ってきます。固定用の場合は6S以下であれば、

まず問題は無いですが、運動用パッキンは表面粗さを高精度にする

必要があり、組み付け時にパッキンや摺動面に傷つけないように

十分注意し、作動油中にゴミなど混入しないよう

作動油の管理が必要です。参考にしてみてはどうでしょうか?

その他 — @ 7:13 PM

2010年11月4日

スライド磨耗・損傷について

・スライドユニットの磨耗・損傷について

下記の様なスライドカバー破損を放置しておりますと

摺動面から切屑等が入り上記の様な機能が低下します。

僅かな見逃しから大修理になるのがスライドユニットです。

h23.bmph22.bmph1.bmp

 頑丈そうなスライドユニットは意外と繊細なものと認識した方が良いと思います。

1度点検されてはいかがでしょうか?

その他 — @ 10:47 AM

2010年10月1日

スライドユニットの劣化・人為的による機能低下による保全について

いつも修理・オーバーホールさせていただいているお客様の大切な設備である
スライドユニットの劣化・人為的による機能低下と保全について
投稿させていただきます。     
        
スライドユニットの機能維持は…  
   ①適正な潤滑と異物を入れないこと      
   ②異常負荷を与えない(ぶつけ事故)     
 →劣化・故障の多くは防ぐことができます。…延命は人次第です。
    
・スライドユニットの点検        
(a)潤滑状態… 潤滑異常が点灯しなければ良いか?     
        (異常は、油量と回路圧、適正潤滑消費量)     
 《着眼点》①潤滑管路全ての漏れの有無     
           ②給油ノズルのつまり     
           ③デストリビュータの不良     
           ④潤滑回収側に余剰分が溜まるか     
(b)異物・切屑の侵入…スライド面にスジが見えてからでは遅いです。     
 《着眼点》①スライド端のスライドシール     
           ②スライドカバー破損の有無     
           ③クーラントの侵入   
(c)異常負荷事故防止…誤操作やプログラムミス、刃具折損を防ぐ   
 《着眼点》①デバック実施の標準作業化   
           ②事故事例の解析と再発防止策   
   
・スライドユニットは動いておればよいではなく、機能を確保・維持する      
・定期的に主要項目の精度検査を行う。      
・機械機能から的を得た点検で効率よく故障の前兆を見極める事が出来ます。

 実施してみてはいかがでしょうか

2010年8月31日

穴明け専用機電装改造リプレイス

お客様の大切な穴明け専用機のNC電装部が壊れてしまい加工不能に

なりましたのでサーボモーター取付けブラケット等を製作し、

新しいタイプのNC装置に置き換えリプレイスし、

加工可能にさせていただき、現地工事完了致しました。

img_3585.JPG 

  穴明け専用機

img_3681.JPG  img_3588.JPG

新型サーボモーター      不良サーボモーター

img_3587.JPG  img_3678.JPG

   不良サーボアンプ          新型サーボアンプ

NCレトロフィット — @ 8:28 PM
« 前ページへ次ページへ »