株式会社 佐々木精機 工作機械 の オーバーホール レトロフィット メンテナンス 出張修理 出張改造
ヘッダー写真

株式会社 佐々木精機
工作機械 の オーバーホール レトロフィット メンテナンス 出張修理 出張改造

11月 16th, 2011の記事一覧

2011年11月16日

潤滑について

潤滑について
潤滑の目的は、機械設備に数多く使用されているすべり軸受・
ころがり軸受・歯車などの摩擦面に、適正な潤滑剤を適正な量だけ
供給して摩耗や焼付きなどの損傷を防ぎ、摩擦面の寿命を
延長することにより機械効率を高め、整備費及動力費の
低減を図ることができます。

潤滑油選定

マシン油 
手差し給油、滴下給油に用いられるもの。
精製度は潤滑油の中でもっとも悪く、油の劣化が早い。
油浴給油、はねかけ給油、循環給油の機器には適さないです。

タービン油
粘度グレードはVG32,46,68の3種類がありますが、
特に加圧された空気配管の中に配置し、潤滑油を霧状にして
空気中に混合して送り出すルブリゲーターにはVG32タービン油が
用いられてます。スピンドル油やマシン油を使うとシール剤を
傷めるので使用しないほうがよいです。

ギヤ油
ギヤ油の選定は歯車の種類(歯車装置の形式)、荷重、
回転数、減速比、周囲温度などを考慮して行う必要があります。

作動油 
添加タービン油は酸化安定性、水分離性、防錆性に優れていることから、
油圧専用油で使用されてます。

摺動面油 
摺動面専用油にはスティックスリップ防止剤として油性剤、
摺動面への油の粘着性向上剤が添加されたVG68、220の
粘度のものがあります。