株式会社 佐々木精機 工作機械 の オーバーホール レトロフィット メンテナンス 出張修理 出張改造
ヘッダー写真

株式会社 佐々木精機
工作機械 の オーバーホール レトロフィット メンテナンス 出張修理 出張改造

機械据付、レベル出しについて

 東日本大震災にて被災されたみなさまには心よりお見舞い申し上げます。

円筒研削盤の据付レベル出しの仕方について記載します。
      
・水準測定とジャッキの調整      
→ベッド左後部の水準器設置部に水準器を置き、ジャッキボルトを回して
 機械水準を調整します。      
<内容>      
・水準器は1mにつき1目0.02の感度を有するものを使用してください。      
(1) 機械左側面カバーを取外して、水準器設置部を清掃してください。      
(2) 水準器設置部に軽く油といしを掛けて、水準器を置いてください。      
(3) 全てのジャッキボルトの固定ナットをゆるめてください。      
(4) 黒丸印のジャッキボルト3箇所以外のジャッキボルトをゆるめて、      
        3箇所で支持するようにしてください。      
(5) 水準器を見ながらジャッキボルトを調整し、左右方向の水準器の目盛と
    前後方向の目盛が各々1目以内になるように調整してください。      
(6) 他のジャッキボルトを効かせ、全ジャッキボルトで均等に
    支持するようにしてください。      
(7) 他のジャッキを効かせたときに水準が少し変わることがありますが、      
        水準器の読みが2目以内であれば全ジャッキボルトの固定ナットを
    締めて固定してください。      
  <注>ベッドの水準を出すことが目的ではなく、ジャッキを均等に効かせて
    研削びびりを防止することが目的なので水準は目安です。      
    ベッドの底面と床の間は約30mmにしてください。      
(8) 水準器を取外し、カバーを取り付けてください。      
      
被災されたみなさまの一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

suijunnki.bmp

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.